省エネになる熱交換器

熱交換器とは、二種類以上の液体又は気体の間で、温度の高いものから低いものに対して熱を移すための仕組みや装置を指します。自然の摂理として、温度は高いものから低いものへと流れ、放置しておいても時間経過とともに平準化される傾向にあるわけですが、それをある意味で促進するための装置ということもできます。どうして熱交換器が省エネになり得るのかと言うと、要するに温度の高いものが何かしら不要で、いずれは捨ててしまうようなものであり、逆に温度の低いものが有用で、これから温度を上げて利用するようなものであれば、熱交換器によって温度を移行させることで、温度の低いものを暖めるためのエネルギーをそれだけ節約できるわけです。昔から使われている原理を一つ挙げて説明しますと、水をボイラーで沸騰させて水蒸気とし、その圧力を用いてタービンを回すなどの仕事をさせる蒸気機関があります。

例えば石炭や石油などの燃料を燃やして水を加熱し、水蒸気を発生させるわけですが、燃料を燃やすと当然ながら二酸化炭素などの排気ガスが発生します。それが持つ熱は、もちろんその水を水蒸気にするために全て用いるのが理想的ではありますが、実際には難しく、そのため排気ガスもかなりの高温になっています。これはいずれ大気中に捨ててしまうわけで、そのままでは勿体ない話です。そこで排気ガスのパイプを水槽の中に通すことで、水を事前にある程度暖めた上でボイラーに給水する装置が考えられるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です