熱交換器を利用して効率化を達成

熱交換器とは低温の流体と高温の流体の温度差を利用することで、そこに発生するエネルギーを利用するようにしている装置です。利用できるのは流体ばかりでなく、その周辺にある空気も対象になることがあります。熱交換器にはさまざまなタイプのものがあり、それぞれの特長をうまく活かすことでいろんなシーンでの活躍が期待できます。いずれにしても、熱交換器で共通に言えることは、冷たくしたい液体の熱を奪っていくというものです。

対象になる流体にはさまざまなものがあるので、対象になる流体に応じて、機器の設置場所や大きさなどをよく考慮に入れなければなりません。また、メンテナンスについても考える必要があるでしょう。まず、熱交換器のタイプのひとつに空冷式というものがあります。これは、冷たくしたいと思う液体から熱を奪うという方法を用いた熱交換器です。

フィンやチューブ、ファンなどで構成されていて、まず冷却対象の流体を流し込んでいき、それを今度はファンを使って冷やしていくという方法をとります。流体と空気に温度差を生じさせて冷却させていくという原理です。野外でも利用できるといったことやコストが少ないといったメリットがありますが、一方で冷却効率があまり良くないことや効率の割りに規模が大きすぎるといったことがデメリットになっています。このほかのタイプとしてファンコイルユニットというものがあります。

これは、冷却水をコイルの中に循環させてそこに送風して冷風を作るようにしたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です