様々な熱交換器の特徴について

熱エネルギーには高い方から低い方に移動する性質があり、温度が高い流体から低い流体に熱エネルギーを移動させることを熱交換と呼びます。金属などで隔てられた固体壁を媒介にして2種類の流体を流し、相互に温度を伝え合う隔壁方式の熱交換器は扱いが簡単で様々な種類が存在します。この方式を採用して高温と低音の流体を流し、熱エネルギーを移動させると高温流体の温度が下がり低温流体の温度が上がります。隔壁方式の熱交換器は流体の加熱や冷却、濃縮や蒸発の他にも凝縮や熱回収など様々な産業分野で採用されています。

直接接触方式の熱交換器は空気や水などの流体を直接的に接触させ相互に温度を伝え合う仕組みです。この方式では水の蒸発を空気によって促進し、温かい水を冷やすための冷却塔の他に蒸気など温かい気体を冷水で直接的に冷やすバロメトリックコンデンサーなどに採用されてます。日常生活に関係する熱交換器として代表的なのは、室内機に取り込んだ部屋の空気を冷やしたり温めたりして冷風や温風を生み出すエアコンです。エアコンの熱交換器は室内機と室外機にそれぞれ搭載されており、2つがセットになって機能します。

他にも自動車やバイクのエンジンで使う冷却水などを空気で冷やすためのラジエーターや、温水を利用するための給湯器なども熱交換を行う装置です。温水プールや温泉、水族館などで水温を調節する際にも熱交換の技術が使われています。気温や水温などをコントロールするための熱交換の技術は、日常生活や様々な産業分野において不可欠な存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です