プレート式の熱交換器

熱交換器の中でも性能が高いことで知られているのがプレート式の製品です。効率的に熱を伝えるために重要な役割を持っているのが、機械に使用されているプレートです。プレートの形状を工夫して制作しているメーカーも多く、より効率よく熱を全体に伝えられるようになっています。プレート式の熱交換器の設計では、2枚のプレートにはさまれた部分の温度が、全体的に均等になるようにする必要があります。

熱を効率良く全体に伝えるためには、プレートの間の熱の流れをある程度乱す必要がありますが、これは流体の持つ特徴を利用したものです。流体は熱をプレートに接すると膜を作る場合がありますが、この膜が発生することにより、熱が伝わりにくくなることがあります。そのために、できるだけ流体の膜をできにくくすることが伝熱をするためには効果的なのですが、プレートの形状を複雑なものにすることによって、流体が膜の厚さを減らすことができます。どのような流体を使用するかによっても、プレートを使った熱交換の効率は大きく違ってきます。

流体の持っている性質によっては、使用している最中にプレートが汚れやすくなってしまうこともありますが、機械に汚れがついてしまうと、熱交換器の機能が十分に発揮できなくなります。性能の高い熱交換器の場合には、このようなケースでもしっかりと対応できるように設計されています。汚れがつきやすい物質を流体として使用する場合でも、設計を工夫することで汚れをつきにくくできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です