熱交換器が導入される場面

熱交換器というのは温度の異なる流体のエネルギーを効率的に移動させるというもので、熱は温度の高い流体から低い流体へ移動する性質を生かし、加熱や冷却を行うというものです。熱交換器そのものは様々な製品に使われており一般家庭ではエアコンや冷蔵庫などが使われていますし、産業用にはボイラーや蒸気発生器などで使われています。冷蔵庫の場合には外気温よりも低い温度にするために使われていますが、冷やすことができるということは同時に熱を発生させることにもなりますからエアコンの場合には暖房にも用いられているものです。熱交換器を導入する場面としては安定した温度を得たいという場合で、高くなりすぎた温度を低くしたりその反対に低い温度を温めると言ったことに使われます。

温度を上げたい場合には直接加熱するという方法もありますがそのような場合には熱をコントロールする必要があり、細やかな調整には不向きですが熱交換器を用いることによって温度の調整が細やかに行うことが可能となります。一方で熱交換器の仕組みそのものも対応で昔ながらの筒やチューブを通す方法に熱源を通すことによってその周囲の温度を高めると言った方法の他にも、板を使って交互に温度差のある流体を流れるようにする方法もあるものです。それぞれにメリットとデメリットがありますが、熱交換したい量によって適した仕組みがありそれらを適切に選ぶことが効率よく運用することが可能となります。熱交換器のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です