マルチサイクロンが集塵効率が高い理由

マルチサイクロンは複数のサイクロン機能を利用して効果的に工場などの粉塵を吸引することができるものとなっており、一般の集塵機に比べて非常に効率よく作業を行うことができるものとなっているのが特徴です。これが広く利用されている理由には大きく分けて2つあり、その1つは集塵効率が高いと言う点にあります。マルチサイクロンは1つの集塵装置の中に複数のサイクロン機能が備わっており、一つ一つが個別に動作することで高い吸引効果を示すものとなっているのが特徴です。そのため、その中の1つが何らかの要因により吸引力の低下を発生させて、その他の機能がこれを補うように動作するため、総合的な吸引力が低下しないといった特徴があります。

その要因のほとんどは様々な部分の目詰まりであることが多いのですが、これを取り除くためには集塵装置のメンテナンスを行わなければならず、そのメンテナンスを行うためには本来の工場等での作業を停止して行わなければならないことから作業効率が低下するといった影響を及ぼしているのが実態です。マルチサイクロンではメンテナンスによる集塵装置の停止を極力減らすことができ、そのために工場の稼働を停止しなければならない場面も非常に少なくなります。継続的に作業を行わなければならない現場では特にメンテナンスのための停止は効率を低下させる要因となっており、この回数が少ないほど作業効率が向上し工場の稼働率が高まります。マルチサイクロン集塵装置は複数のサイクロンによりメンテナンスの機会を減らし継続運転をすることができるのが特徴ですが、これは工場内の作業効率を高めることにも非常に有効なものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です