マルチサイクロンの原理

マルチサイクロンは、強力な旋回する気流によって空気中に含まれる粒子を分離することができます。その原理はファンネル構造の筒によるものです。引き込まれた空気は筒に引きこまれることで自然に旋回する気流に変わります。回転する気体に含まれる粒子は遠心力を受けて外側に弾かれます。

これがおおまかな原理です。マルチサイクロンに使われる筒は、二重になっていて太いものがファンネル筒でその内側に細い排気筒があります。筒は互い違いになっていて、上部にある排気筒の先端は、下部にあるファンネル筒の開口部に位置しています。粒子を含んだガスはファンネル筒の上部にあるガイドべーンの形状によって旋回して、導かれる方向は下側です。

旋回はファンネル先端に行くに従って高速になり、最下部に行く頃には反転して上昇気流となります。上部には排気筒があり、上昇した気体を通過する経路としての働きがあります。通過した気体が排気されるのは、ガスを吸気した部分よりも上部です。このような筒が複数水平に置かれているので、同時に多くのガスを処理することが可能です。

マルチサイクロンで分離された、ファンネル筒の最下部の開口部から排出されます。このようにフィルタなどの粒子を取り除く部分がないので、目詰まりなどが起きることがありません。メンテナンスフリーな構造と言えます。ガスが吸気されてから排気されるまで、流量がほとんど変わらないまま、きれいな空気を送り出すことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です