マルチサイクロンが吸引力を維持できる原理

マルチサイクロンは、工場などで利用する場合には非常に高い吸引力を継続的に維持できるものと注目されており、ほとんどの場面で利用されることが多くなっているのが実態です。サイクロンは従来のフィルター型の集塵装置に比べフィルターの目詰まりなどが発生しにくく、継続的に使用することができるものと考えられてきましたが、それでも1つの仕組みの中では目詰まり等が発生することもあり、定期的にメンテナンスを行わなければなりませんでした。これは様々な作業を効率よく行わなければならない工場の中では非常に大きな効率の低下となることが少なくありません。マルチサイクロンを利用すると複数のサイクロン機能が同時に動作し、総合的に吸引力を維持する効果を示すため、1つのサイクロンが目詰まりを起こしても他のサイクロンでその機能を維持することができると言う特徴があります。

そのためメンテナンスの回数を大きく減らすことができ、その間は作業を継続することができるといったメリットが生まれるのが特徴です。工場等では大量の粉塵を吸引しなければならないことになるため、目詰まりの頻度も非常に高くなると言うリスクがありますが、マルチサイクロンであればその使用環境に充分に耐えながら継続的に一定の集塵効果を得ることができるのが特徴です。工場では、メンテナンスの際にはその作業を中断しなければなりません。そのため、メンテナンスの機会の少ないマルチサイクロンは作業効率を高める上でも非常に有効なものとなっているのがポイントです。

マルチサイクロンのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です