熱回収の基本とその有用性

熱回収とは、廃棄物を焼却処理する際に発生する熱エネルギーを利用する資源活用法のことです。熱を意味するThermalと、再生利用という意味になるRecycleという単語を合わせてサーマルリサイクルとも呼ばれます。日本で多く用いられるエネルギー回収の概念であり、ヨーロッパ諸国においてはリサイクルではなく回復や復旧を意味するリカバリーという概念です。熱回収はマテリアルおよびケミカルリサイクルと並んで、近年研究が進んでいる再生利用方法の1つです。

代表的な用途としてはゴミ発電やエコセメント化、冷房用のエネルギー活用などが挙げられます。また容器包装リサイクル法で定められたガスや油への変換の他に、焼却熱や廃棄物による発電に加えて固形燃料への変換もその一端です。なお廃プラスチックは埋め立てもしくは熱回収による再生の、2つの選択肢が採択されます。一方で熱回収は二酸化炭素を排出することがネックとなっており、埋め立てる方が地球温暖化問題の観点から見れば環境に良いのではという意見も出ています。

ただし熱回収によって本来使われる予定であった原油の使用量が減るため、その際に発生する二酸化炭素の分量が比例して減少することによって一定数は相殺されることもあって、その有用性は見逃せません。さらにダイオキシンの発生が懸念材料ではあったものの、廃棄物処理場での焼却処理そのものの温度が高いため有毒ガスや煤塵などの発生を抑制できます。焼却処理により廃棄物が減ること、埋め立ておよび海洋投棄が減少することは地球環境を守る上でも役立つという訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です