工場内のコスト削減に貢献する熱回収技術

工場内における経費を削減するには、消費しているエネルギーを再利用することが重要です。エネルギーにかかる費用は年々増大しており、今後も右肩上がりで推移することが想定されています。こうした状況ではいかにエネルギーの消費を抑え、省エネを実行できるかが鍵になってきます。エネルギーの節約に有効なのが、設備の買い替えです。

生産設備には新しい技術が投入されているため、新型の方が旧型よりも消費電力が抑えられていることが多いからです。そのため新しい設備に買い換えることで、工場全体のエネルギーに関わる費用を下げる効果が期待できます。といってもコスト削減が叫ばれている昨今では、そう簡単に工場内の生産設備を新しいものに買い換えるのは難しいかもしれません。そこで活用したいのが熱回収と呼ばれる技術です。

これは工場から排出される熱を新たにエネルギーとして再利用すると言うもので、消費量を抑えて費用を削減する効果があります。加えてCO2の削減効果も期待できることから、企業として環境に配慮した経営にも役立ちます。実際に熱回収を行うには、排熱を行っている箇所に設備を設置する必要があります。そこで光を取り込んでタービンへと送ったり、そのまま他の生産設備に回すといった具合です。

特にタービンへ送る方法が主流で、熱を使って新たに発電することで工場内の電源確保に役立ちます。現在はこうしたソリューションを提供している会社があるので、熱回収に関心を持っている場合は気軽に相談することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です