熱回収システムでエネルギーを有効利用する

多くの自治体では、家庭から出るごみを処分するためごみ焼却場を自ら設置・運営しています。また、民間企業の中にも、自社工場などから排出される廃棄物を処分するため、自前の焼却場を持っているところがあります。こうした焼却場では、ごみを燃やすために大量の熱エネルギーが生み出されますが、そのすべてが消費されるわけではなく、一部は排気ガスとともにそのまま放出されます。そのため、焼却時に出る排気ガスはかなりの高温です。

つまり、結果的にかなりのエネルギーを捨ててしまっていることになります。熱回収システムは、従来は使われることなく排出されていた熱エネルギーを回収し、有効利用するシステムです。熱は日常生活に不可欠なエネルギーであるため、その用途は多方面にわたります。このシステムを運用することにより、燃料資源を節約することができるだけでなく、それ自体は価値がないものと見なされているごみに使用価値を見出すことで、新たなビジネスチャンスを生み出す可能性も広がります。

熱回収システムとしてもっともシンプルなのは、回収した熱エネルギーをそのまま利用するというものです。たとえば排気用パイプの配管を工夫することにより、大気中にガスを放出する前にいったん室内を経由するようにすれば、暖房設備として使えます。一方、熱回収システムによって別種のエネルギーを産出することもできます。蒸気によって発電タービンを回せば電力を得られるばかりでなく、売電を行うことで収入源とすることも可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です