熱回収は環境を悪化させないエネルギー活用

サーマルリサイクルという考え方があり、廃棄物を単に焼却するだけでなく発生する熱エネルギーを熱回収して再利用しようというものです。焼却する際には大量の熱と二酸化炭素が発生します。発生する熱を回収して有効回収する熱回収も同時に行われているのです。まとまった量の熱エネルギーを発生させるためには、燃料を燃やすという方法がとられます。

その際に使用する燃料は石油が使われることが多く、限りある資源を消費することとなり二酸化炭素の排出が地球環境に悪影響を及ぼします。廃棄物を石油の代わりに使えば、燃料の代替となるというのが熱回収の基本となります。熱回収は地球環境にやさしい取り組みとなるのです。消費する資源が少なくなりますから、省エネルギーに寄与することとなります。

具体的な例としては、ゴミを焼却処分する際に発生する熱で火力発電することができます。現状ではごみ発電はあまり効率が良くないですが技術的にはもっと上げる余地は残っています。ゴミ焼却場に付随して発生する熱回収で温水プールを稼働する自治体が多くみられることが知られているのです。捨てるはずの廃棄物を燃やすときに発生する熱をエネルギーに転換させようという試みで、ボイラーを沸かす際に発生する高温燃焼排気ガスを有効活用して熱効率をあげる取り組みもされており、投入したボイラーの熱の大半をボイラーの給水予熱で使用できることがわかっており活用されています。

廃棄物を効率よく燃やすことでエネルギーに対する考え方が変わってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です