日本だからこそ可能となる排熱利用発電

昨今は日本だけでなく、世界各地で再生可能エネルギーに注目は集まっています。これは地球規模の温暖化現象を懸念しての動きであり、2050年までに先進国では炭素を使用した火力発電を実質ゼロにすることが目標となりました。火力発電は電気を生み出すためのは必須と言われてきた設備ですが、この設備から排出される二酸化炭素によって、温暖化現象はあらわれたともいえます。今後は火力に代わる発電方法を生み出す必要があり、そのひとつとして注目されているのが、排熱利用をおこなった地熱発電です。

日本では2010年頃から再生可能エネルギーを生み出す機器として、排熱利用をする地熱発電装置が開発販売なされるようになりました。世界各地で排熱利用ができるというわけではなく、むしろ日本だからこそ普及したといえるでしょう。その理由は日本は地震大国であり、恩恵として温泉も吹き出る地域です。日本列島の地下20km付近には高温の地下水は豊富な水量で存在しています。

温泉はその地下水の一部が噴出しているにすぎず、まだ十分な水量で蓄えられています。地下水、つまり温泉の恩恵として新たに排熱利用をした発電が可能で、そのためには地熱発電装置を導入しなくてはいけません。なお政府では、新たに地熱発電装置を導入なさる家庭や企業には補助金を支給しており、実質4割負担程度で購入することが可能です。日本の強みを生かした再生可能エネルギーで、環境に優しいものです。

排熱利用のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です