アルファラバルを説明します

アルファラバルとは『アルファ・ラバル株式会社』を正式名称とする会社です。本社は東京都港区にあり、昭和53年に設立されています。親会社はスエーデンの機械工業であり、熱交換器・遠心分離機・水処理システム・洗浄装置などを製造していて、機械工業が専門です。この会社で製造されている設備のことを総称してアルファラバルと呼ばれています。

特に熱交換器や洗浄装置などさまざまな分野の企業で導入されており、製造現場では欠かせない設備が製造され、特に熱交換器では世界に先駆けてプレート式の熱交換器を開発・商品化しています。このプレート式の熱交換器は熱伝導率が非常に優れており、あらゆる分野で利用されます。又、近年は性能はそのままに、小型化で低価格の製品が開発されました。洗浄装置では、2次元洗浄機の他に3次元洗浄機もあり、非常に高い洗浄能力を有しているため衛生面で非常に厳しい業界の現場に適した設備です。

遠心分離機・水処理システムは排水処理が必要な現場で利用されており、遠心分離機は排水のなかの異物を遠心力で取り除き、次に送る水処理の工程のフィルターのつまり防止や清掃頻度の低減につなげることが可能です。これらの装置は排熱を利用したり、排水処理の効率化を進めるなど、現場での費用の低減と資源の有効利用、品質の向上に貢献しており、アルファラバルの設備は地球環境への貢献と企業のコストダウンや品質向上に欠かせないものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です