アルカリ洗浄液の特徴

アルカリ洗浄液は油脂の成分である脂肪酸と反応する働きがあります。脂肪酸は油汚れに含まれているので、油汚れにアルカリ洗浄液を使用すると反応が始まります。その際に反応して出来るのが石鹸です。つまり、アルカリ洗浄液を油系統の汚れにつけると石鹸が出来上がり、その石鹸が汚れを洗い流すのに役立つということです。

汚れを石鹸にするというまさに逆転の発想がアルカリ性の洗剤にはあります。アルカリ洗浄液が力を発揮するのは油汚れだけではありません。垢や飲食物の食べこぼしなどのアミノ酸が結合している汚れにも有効です。アルカリにはアミノ酸の結合を切ったり、結合を緩めたりする働きがあります。

これにより、タンパク質はもろくなって繊維にしがみつきにくくなります。衣類などの繊維にしがみつきにくくなった汚れは少しの力で洗い流すことが可能です。アルカリの強弱によってもこの作用には少し差があるのでその点には注意が必要です。もし汚れが取れないならば強いアルカリの洗剤を使う手もありますが、その分肌に付いた場合などの対処は一層早めに行う必要性が高くなります。

非常に便利なアルカリ洗浄液ではありますが、注意しておきたいポイントもあります。それはアルミ製品に使用できないということです。アルカリとアルミは反応を起こしてしまい、水酸化アルミニウムという物質になります。これにより、アルミが弱くなってしまい穴が開いてしまう恐れもあります。

特にアルミ鍋などをアルカリ洗剤で煮洗いするのは避ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です