環境にやさしいアルカリ洗浄液のGC-Sについて

掃除をする時に洗剤を使う事は多いかと思われますが、一般的に市販が行われている洗浄剤は正しい使い方をしている分には危険性はありません。勿論、小さなお子さんが飲んでしまうなどは例外です。GC-Sはアルカリ洗浄液として有名な製品です。アルカリは皮膚を溶かすなどの危険性を持つのが特徴で、一般的にアルカリを取り扱う時にはビニール製の手袋をはめるなどして作業を行う必要があります。

家庭の中でもアルカリ性の洗浄液を使って掃除をする事は多いかと思われますが、取り扱いの際には十分な注意と工夫が大切です。GC-Sの場合は手で触れても安全性が確保されていると言われています。GC-Sは環境配慮設計により開発が行われた強アルカリ水系です。強アルカリ水系のイメージの中には皮膚を溶かすアルカリの成分がとても強いなどがあるかと思われますが、非劇物である事、非毒物などの安全性を確保しています。

直接素手で触れたとしても肌を傷めない、アルカリ性の薬品はヤケドなどのリスクがありますが、この製品についてはヤケドのリスクがないと言われています。生物化学的酸素要求量のBODの値が低いため、環境にもやさしいなどの特徴を持っています。人にやさしく、環境にも配慮が行われているGC-Sですが、利用する時には注意点をしっかりと把握する事が大切です。ちなみに、GC-Sにはアルミへのアルカリ腐食がないため、様々な場所での洗浄剤として利用出来るメリットを持ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です