ヒートポンプとはどのようなものか

ヒートポンプというと聞きなれないかもしれませんが、身近なものではエアコン、冷蔵庫で古くから使われる技術で、少ないエネルギーで、空気中、地中。温泉源からなどから温度差を利用し熱を吸収しかき集めて、大きな熱エネルギーへ変換する技術の事を言います。最近では温水器に用いられるエコキュートなどにも用いられている技術の事を言います。温度の低い所から高い所や、逆に温度の高いところから低いところに移動させる為の機械で、パイプや圧縮機、蒸発器をもちいることから、熱を行き来させるポンプと見立ててヒートポンプと呼ばれます。

一般的に数多くし用いられるエアコンで説明すると、暖房の場合は外部の低温の熱を利用して昇室内の温度を上げるには、冷媒を圧縮し凝縮して冷媒の温度上昇を促します。ヒートポンプ内は冷媒が膨張し低い沸点の冷媒(フロンガスなど)が熱媒体として移動し循環していきます。次に蒸発器(熱交換器)で低温の熱源でパイプ内の冷媒が気化します。次に、気化した冷媒は圧縮器で加圧され、温度が上がります。

ガス状になった冷媒は熱交換器に移動し、そこで熱をもらった温水が室内へ供給されます。温水に熱を伝えた冷媒は、ガスから液体状に戻り、膨張弁の所で冷却され、再び蒸発器に戻り暖房のサイクルが一巡します。冷房の場合は、この逆のサイクルとなります。エコキュートは空気中の温度差を利用して効率化を実現しています。

地熱や温泉熱や工場排水等で、冷媒との温度差が稼げる場合はもっと効率は上がりますので、電力をあまり使わずに非常にクリーンで省エネが実現できます。アルカリ洗浄液のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です