自動販売機などに活用されているヒートポンプ方式

ヒートポンプが活用されている電気機器には、家庭であれば給湯用のエコキュート、エアコンなどの家電製品で、街中にあっては自動販売機などが存在します。自動販売機でジュースやコーヒーなどを購入する時には、ヒートポンプ対応という文字が自動販売機に書かれていますが、そういった形で目にすることもできます。ヒートポンプの方式は、空気中の熱を集め、それを大きな熱エネルギーにして給湯や暖房、自動販売機などの熱源にすることが可能です。従来の様に灯油や石炭などを燃やさない仕組みのため、二酸化炭素などを一切排出せず、クリーンな点が魅力的となっています。

またヒートポンプの魅力は、使う電気量に比して多くの熱エネルギーを発生させることもでき、その分、節電に貢献するシステムとなります。その詳細な仕組みとしては、まず電気を用いて圧縮機を稼働させると中の冷媒が外の熱交換器では空気中の熱を吸収し、さらに圧縮機で圧力をかけることで冷媒が高温になるため、それを水や空気に接触する熱交換器に通すことで暖めます。そして暖め終わると膨張弁を通り、そこで急激に圧力低下がなされ、また外の熱交換器で空気より熱を集めるというサイクルを実現することで成り立っています。自動販売機は街中の至る所で見ることができ、もし仮にその設置されている自動販売機を総てヒートポンプ方式の自動販売機にすれば、地球温暖化の原因となる二酸化炭素量の削減にも繋がります。

これを実現すれば現在よりも環境保全にも力を入れることも可能なため、将来的にもさらに普及する可能性を持っている方式です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です