日本のヒートポンプを取り巻く状況と課題

ヒートポンプの仕組みは、冷媒などを用いることで低温部分から高温部分に熱移動の実現を図るための機器です。特に冷凍冷蔵庫、エアコン、ヒートポンプ給湯器などの冷凍・冷蔵から冷暖房、給湯に利用され、一般家庭でもその原理を用いた家電製品等が普及しています。このヒートポンプの原理としては、熱交換器による発熱現象と吸熱現象を活用し、気化熱・凝縮熱を得ることでそれを用いるのが一般的です。日本においては従来よりは、冷蔵庫・エアコンで普及していましたが、最近では給湯器の分野でのエコキュート利用が著しいです。

他には洗濯機などでも用いられることも多く、幅広く普及しています。しかもエコキュートが普及した背景については、政府の補助金制度が確立していた点があり、それに伴い戸建て住宅から賃貸住宅の一部でも見られます。ヒートポンプの仕組みは自然熱を利用するため、発熱するための電力を消費しない点で優れ、その分の電気代を抑制することも可能です。一方では夜間電力を有効的に活用するため、利用者は電気代を抑制でき、しかも電力会社にとっても真夏日などのピーク電力を抑制する効果を得られる可能性もあります。

なお課題としてはエアコンなどの機器では、真夏日は室外機からの廃熱により、その熱自体が蓄積され、ヒートアイランド現象の原因に繋がる点です。また使う冷媒の種類によってはフロンを用いていることもあり、それがオゾン層破壊の一因となるケースもあり、他にも有害性や温室効果ガスとの指摘もあります。熱交換器スケールのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です