地球環境保全にも貢献するヒートポンプの推進

ヒートポンプは、家庭用のエアコンやエコキュートなどの給湯器に用いられる技術で、自然界に存在する熱エネルギーを集めて熱を作り出し、それによって空気を暖めたり、温水を作ったりするシステムです。もともと従来の熱を作り出す上ではヒーターを用いる方法が存在しましたが、それは多くの電気量を使うため、その分、二酸化炭素の排出量の増加を引き起こすこととなります。ヒートポンプを推進することで電気量自体を削減することが出来るため、自ずと二酸化炭素の削減に結び付く結果を生み出すこととなります。なおヒートポンプのシステムを構築する上で欠かすことができない要素としては、冷媒ガスの存在、冷媒ガスを圧縮する圧縮機、二つの内外の熱交換器、冷媒ガスの膨張を切り替える弁の存在が必須です。

まず冷媒ガスを循環させることで、室外にある熱交換器から大気中の熱を奪い、冷媒ガスを圧縮機で圧縮するとその奪った熱が顕在化していきます。顕在化された熱を熱交換器で空気や水に接触させると温度を上昇させ、暖気や温水を作り出します。そして今度は膨張弁によって冷媒の圧力の低下を行えば、いつでも冷媒が熱を吸収できる状態に戻すことができ、それをまた外の熱交換に循環させることで、同じように熱を作り出すことができるサイクルシステムです。電源としては圧縮機を稼働させるため、室内外のファンの稼働を行うだけで済みますので、電気量をそれほど使用する仕組みになっていない特徴があります。

ヒートポンプの推進は地球環境保全にも貢献するため、今後さらに進化して家庭用だけでなく、業務用でも用いられる可能性のある技術として位置づけられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です